本文へ移動

患者さん・ご家族の方

臨床研究

診療情報および診察時に採取・保管された検体を用いた研究に関するお知らせ

医療法人 山下病院

山下病院での診療情報および診療時に採取・保管された検体を下記の研究に用いることになりましたのでお知らせします。

1.研究代表者名 山内浩揮
2.研究課題名 H. pylori 除菌後発見胃癌の範囲診断における酢酸インジゴカルミン混合液を用いたIEEの検討
3.研究の概要 H. pylori 除菌後に発見される胃癌は表層に非癌上皮が不規則に介在しモザイクパターン(MP)を示すことが知られており、拡大内視鏡観察でも範囲診断に苦慮する事が多い。酢酸インジゴカルミン混合液(AIM)を用いたimage enhanced endoscopy(IEE)は通常の胃癌の範囲診断においては有用性が報告されているが、除菌後胃癌に対する報告は無い。本研究の目的は、AIMの除菌後発見胃癌症例に対する、範囲診断に関しての有用性について検討を行うことであり、MP(無、軽度、高度)、存在部位、萎縮の程度、肉眼型および組織型に関しAIMによる範囲診断の有効性について検討する。
研究期間 平成29年3月1日〜平成29年9月30日
4.使用する診療情報 診療情報内容(診療録)
対象収集期間 平成19年1月1日〜平成29年9月30日
5.使用する検体 検体名(ESD病理標本)
検体採取期間 平成29年3月1日〜平成29年9月30日
6.病名 胃癌
  1. この研究の科学的妥当性と倫理性は、当院の倫理審査委員会において厳重に審査され、承認されています。 個人情報の安全保護については、万全の体制下にて管理され実施されます。 また、調査項目は既存のデータであり、何らかの負担を生じることはありません。
  2. 具体的な研究内容を知りたい、あるいは、今回の研究に用いることを拒否したい場合には下記の問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ

医療法人山下病院 消化器内科 山内

0586-45-4511 0586-45-4511 Email: h.yamauchi@yamashita.or.jp
愛知県一宮市中町1丁目3番5号