本文へ移動

診療体制

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床の対象者およびご利用の流れ

在宅・施設からの入院

【対象患者】

  • 軽度肺炎、脱水、尿路感染、嚥下障害、褥瘡など、早期治療を目的とする方
  • 介護保険認定に伴う、退院後の介護サービス利用について支援の必要な方
  • 自立した生活が困難又は介護者が何らかの理由で在宅療養が継続困難となり、療養先の検討が必要となった方

【ご利用の流れ】

お申込みは、電話でご相談の上、診療情報提供書と地域包括ケア病床入院申込書をFAXしてください。

受付時間

月曜日~金曜日 9:00~15:00
土曜日 9:00~11:00

地域包括ケア病床会議で検討し原則として翌日までにお申込者へFAXにて回答します。

レスパイト入院

介護者の入院や、介護者不在時の対応をします。
原則として退院後は、ご自宅に帰る方がご利用できます。

【対象患者】

  • ショートステイでは対応が困難な状態で医療ニーズのある方
    (糖尿病・在宅酸素など在宅療養指導、高カロリー輸液、褥瘡)

一回の入院期間は数日から14日間までです(連続しての更新はできません)。
一般的な血液検査、レントゲン検査、投薬治療は可能ですが、入院の機会を利用した他科受診や精密検査、積極的な治療は行なうことができません。
入院の際は、内服中のお薬をご持参いただきます。
患者さんの状態により入院継続が困難と判断された場合は、予定期間より短期間となることがあります。

【ご利用の流れ】

ご利用希望日の2 週間前までに、当院の患者支援センターへお申し込みください。
お申し込みできるのは、かかりつけ医、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターです。
お申し込みは、電話でご相談の上、診療情報提供書と地域包括ケア病床入院予約申込書、レスパイト入院申込書をFAXしてください。

受付時間

月曜日~金曜日 9:00~15:00
土曜日 9:00~11:00

すみやかに、地域包括ケア病床会議で検討し、お申込者へ回答します。

申込書について

ダウンロードはこちらから

地域包括ケア病床入院までの流れ

レスパイト入院におけるお願い

1.対象者

対象者は以下の項目を満たしている患者さんとなります。

  1. 基礎疾患の病状が在宅管理で安定しており、当院がかかりつけであること、 または担当している在宅医との連携が十分に取れていること
  2. ショートステイでは対応が困難な状態で医療ニーズのある方
    (糖尿病・在宅酸素など在宅療養指導、高カロリー輸液、褥瘡)
  3. 事前に当院のレスパイト入院予約が済んでいること
  4. 予約後に新たな病態の変化や感染症がないこと

2.手続き

レスパイト申込書類等で事前予約が必要です。受け入れに先立って患者さん の医療情報とご家族の情報を地域包括ケア病床会議で協議させていただきます。
申し込み当日のご利用 はできません。
地域包括ケア病床が満床の場合はお待ちいただく場合がございます。部屋が空き次第改めてご連絡いたします。

3.入院場所

当院 4階 地域包括ケア病床(401~410、461,462号室)

4.利用期間

  1. 入院時間は原則 14時からになります。(休診日の入院はできません)
  2. 入院期間は申し込みされた日数となり、延長はできません。
  3. 退院のお迎えは 10時までにお願いします。到着時間やお迎えに来て頂く時間が変更になる場合、必ず事前にご連絡ください。
  4. 感染症流行期などでは、受け入れ患者さんの安全管理のためお預かり時間を短縮する場合があります。
  5. 利用期間は、ベッドの空き状況等にもよりますが、最大14日間まで利用が可能です。

5.休院日

土曜日午後・日曜・祝祭日・当院の定める日

6.個室利用

個室をご希望される 方は別途差額料金をいただきます。 (408、409、410号室)

金額 ¥5500(税抜)
設備 電動ベッド、ソファーベッド、書斎机、温水洗浄トイレ、洗面台、冷蔵庫、無線LAN、TV、DVD、電話、電気ポット

7. 医療デバイスの交換

当院で準備できる製品には限りがあり、対応できない場合もあります。

お問合せ先

電話番号080-4941-7125 FAX番号0586-47-1845 担当部署:患者支援センター